nonjournal更新しました。

おやすみなさい。
明日、今は知らないようないい事がありますように。
そういうことがいちばん楽しいよね。
そういうことがたまにあるから楽しくなっちゃって、それでもうちょっとがんばって生きてみようかな?って思う。その連続。単なるその、連続。

nonjournalを更新しました。

この、謎のブログの文章が好きという方にたまにお会いするとドキン☆とする。
あまりなにも考えずにデタラメを書いてるだけなので。

時系列や人間関係、時空など、何も考えたくないけど文章が書きたいときに、書きます。季節感だけ、書いてるときの季節まんまで反映させてゆきたいです。

小説を最後までアップしました。

最後まで読んで下さった方がおられましたら、どうもありがとうございました。

小説をアップしました。
15〜20までアップしました。

そんな、ひっぱるような小説でもないのにアップ遅くて、読んで下さってる方々すみません。。。
あと少しお付き合い頂けたら幸いです。31で終わります。

アップするたびに自分でも読み返してみるのですが、苦しいところはうんと苦しくなる。私は普段から色んなことに感情移入し過ぎて、調子の悪い時はニュース見たりするのもキツイ。そんな私なので、自分の描いた文章にまで感情移入するようなイタさを思う存分発揮中。

小説を14までアップしました。

それは、こないだ偶然出会った私のファンだというかわいこちゃんが「小説も読んでます」と言って下さって、調子&図にライドオンしたから、です。

かわいこちゃんには弱いんす。
その弱さたるや、怪物くん並、です。

小説を11までアップしました。

小説、6までアップしました。

私のプロフィールには、

・初執筆の小説が、第2回日本ラブストーリー大賞「審査選考委員を悩ませたもうあと一歩の作品」に選ばれる
 同作品「第20回小説すばる新人賞」一次審査通過


という謎の経歴があって、その小説は、えっと、2年半ほど前に書きました。

書いたキッカケは、夢で、断片的に続きをみるようになって、その記憶を形にしたかったからです。
後は、半分以上の人が通るような絵のコンペに落ちて、ひどく落ち込んで、もう絵を辞めたくなって、他の創作活動がしたくなったから。
美術予備校講師時代、主に電車の中で書きました。

正しい小説の書き方などを私が知っているはずもなく、思いついたものから断片的にエピソードを書いていって、すこしずつそれを繋げていきました。
書いてる時は、どう展開させるかということに私の考えのほぼは支配されていて、それは思いがけず心地よかったです。
頭が暇じゃないって素晴らしい。しかも、想像し続けることで頭がいっぱいだなんて、本当に楽しい。

書きながら思ったのは「特に何も起きないし、読後何にも得るものがない文章を書きたいなぁ」ということです。ただ、読書体験が心地よいものになるように気をつけたつもりではいます。そういう文章が書きたかった。私が読みたい文章を書きたかった。
そういう意味では完全に自慰行為です。
そんな完全自己満足目的の文章でしたが、書き上がってみると結構気に入る感じに書けていたので、何人かのお友だちに読んでもらいました。
「小説には、書き手の考えや生活や趣味、信念のようなものがものすごうく出るのだなぁ」と激しく体感した私は、そのことを誰かに話してみたかった。けれど、それ以上に自己を露呈し過ぎたことに照れてしまって、最初はひとりのお友だちにしか見せる気はなかった。その時たまたま頻繁にメールをしていたお友だちに。
そしたらそのお友だちはとっても楽しんでくださいました。
でも!!そのお友だちは私の創作活動の良き理解者であるのと同時に、もうものすごうくふざけたタチで、あろうことか私の家で10人ほどで飲み会してる時に、その私の小説のことをバラしたんです!!(笑)。そのバラし方もひどい。。。私の小説に出てくる人物のマネをしたんです。あぁ!ほんまにはずかしい!

それで、「あぁ!なんでバラし…あぁ!」ってなった私は思い切って、「読みたい」と言ってくれた猛者たち全員に読んでもらうことにしました。もう、ヤケですね。

そしたら思いがけずみなさん喜んで下さって、あらー!と思った私は調子&図にライドオンし、「賞金500万円」という点に惹かれて「第2回日本ラブストーリー大賞」に応募してみたんです。当たり前ですが賞には至らず。
でも一人の方が私の作品を「審査選考委員を悩ませたもうあと一歩の作品」に選んでくださった。アドバイスまでつけてくださって本当に有り難かったです(アドバイスにはオチまで書かれていますので気になってググろうとしてる方はご注意を)。
それで士気の上がった私は、エピソードを増やすなどして全体的に書き改めて「第20回小説すばる新人賞」に応募してみました。そちらは1216人の応募があった中、104人が通過する一次審査に通りました。誰かが私の作品を「通過」と評価してくださったことがとっても嬉しかったです。私の今の文春担当さんはこの以前は文芸誌で下読みもされていたそうで「一次通るのはなかなかスゴイことですよ」と言って下さいました。

だからって私、今、他に何か書こうと思ってるわけでもなく、言いたいこと、書き留めておきたいことはこのブログに書けるし、結構小説欲は満たされてしまってます。

去年の春に書いていた「nonjournal」は、書いてる時はとっても楽しかったけど、京都を出た時に書くのを辞めてしまいました(「犬」は、置く場所がなくて一旦置いてみただけです)。きっと京都のあの家で書くのがいい環境の文章だったのでしょう。何人かの方が「あの続きを」と言ってくださっていますが全然書く気がしないのは、やはり環境のせいだと思います。またなにかしら環境の変化があれば、書くかも。私も続きを読みたい感じなので、いつか再開されることをなんとなく自分のことながら願っています。

長々と言い訳を連ねましたが、クダンの小説。
一次審査通過バージョンを少しずつアップしていこうと思います。

「SWEET CITRUS」

一気にアップしようとしましたが、文字数の関係で上げられませんでした。それで、31回に分けてアップしますね。
もし読んでくださる方がいたら、どうもありがとうございます。

<余談>
この小説を公募に出した時、本名晒すのが恥ずかしくて、ペンネームコンプレックスの私なのにペンネームを考えた。の、で、す、が!!
当時検索に全くひっかからなかったのに、さっきググったら、デリヘル嬢の源氏名と被ってました。。。がこーん。。。がこーん。。。がこーん。。。

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫 き 26-5)
ブラ男の気持ちがわかるかい? (文春文庫 き 26-5) (JUGEMレビュー »)
北尾 トロ
表紙イラストを担当致しました。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/1号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2012年 12/1号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

「文学の中のクルマたち。」特集に、イラストを10点描きました。

Recommend

ケトルVOL.04
ケトルVOL.04 (JUGEMレビュー »)
ガチャピン,津田大介,渡辺謙
「小さな会社」特集にイラストを4点描きました。

Recommend

Recommend

ku:nel (クウネル) 2011年 11月号 [雑誌]
ku:nel (クウネル) 2011年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

川上弘美さんの小説「まっさおな部屋」の挿絵を担当しました。

Recommend

小説推理 2011年 10月号 [雑誌]
小説推理 2011年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

両角長彦さんの読み切り小説「この手500万」の挿絵を担当しました。

Recommend

別冊 文藝春秋 2011年 09月号 [雑誌]
別冊 文藝春秋 2011年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

乾ルカさんの連載小説「たったひとり」の扉絵を担当しました。

Recommend

Recommend

ドライブイン蒲生 (河出文庫)
ドライブイン蒲生 (河出文庫) (JUGEMレビュー »)
伊藤 たかみ
装丁画を担当させて頂きました('11.3)

Recommend

ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利
ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利 (JUGEMレビュー »)
ロバート・バー
装丁画を担当させて頂きました('10.10)

Recommend

GINGER (ジンジャー) 2010年 10月号 [雑誌]
GINGER (ジンジャー) 2010年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

挿絵を4点、描かせて頂きました('10.10)

Recommend

LiVES (ライヴズ) 2010年 06月号 [雑誌] VOL.51
LiVES (ライヴズ) 2010年 06月号 [雑誌] VOL.51 (JUGEMレビュー »)

コラムページに3点、挿絵を描かせて頂きました('10.7)

Recommend

Recommend

全力でスローボールを投げる
全力でスローボールを投げる (JUGEMレビュー »)
北尾 トロ
中面に、連載当時の絵を使って頂いております('10.5)

Recommend

「こんな職場じゃやってけない!」と思ったら読む本
「こんな職場じゃやってけない!」と思ったら読む本 (JUGEMレビュー »)
荒井 千暁
装丁画を担当させて頂きました('10.5)

Recommend

写真を仕事にするガイドブック
写真を仕事にするガイドブック (JUGEMレビュー »)
河野 鉄平
中面に挿絵を32点描かせて頂きました('10.3)

Recommend

GQ JAPAN ( ジーキュー ジャパン ) 2010年 03月号 [雑誌]
GQ JAPAN ( ジーキュー ジャパン ) 2010年 03月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

特集ページにイラストを32点描かせて頂きました('10.2)

Recommend

華やかな誤算 (ヴィレッジブックス)
華やかな誤算 (ヴィレッジブックス) (JUGEMレビュー »)
ダイアナ ダイアモンド
装丁画を担当させて頂きました('02.4)

Recommend

砂漠の風に吹かれて (扶桑社文庫)
砂漠の風に吹かれて (扶桑社文庫) (JUGEMレビュー »)
ベティ・ウェブ
装丁画を担当させて頂きました('04.9)

Recommend

中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる
中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる (JUGEMレビュー »)
ワクサカ ソウヘイ
装丁画を担当させて頂きました('09.5)

Recommend

差別をしよう!(14歳の世渡り術)
差別をしよう!(14歳の世渡り術) (JUGEMレビュー »)
ホーキング青山
装丁画を担当させて頂きました('09.9)

Recommend

愛でもない青春でもない旅立たない (講談社文庫 ま 65-1)
愛でもない青春でもない旅立たない (講談社文庫 ま 65-1) (JUGEMレビュー »)
前田 司郎
装丁画を担当させて頂きました('09.10)

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    南奈央子
  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    八木メイ
  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    八木メイ
  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    小野寺奈緒
  • 「PONTOON」(幻冬舎)2010.6
    南奈央子
  • 「PONTOON」(幻冬舎)2010.6
    かなこ
  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    南奈央子
  • グループ展に参加します。6/4ー6/9@OPAギャラリー
    minako
  • まだ声は出ません。お出かけも、電話も、出来ません。。。
    ひろ
  • 「こんな職場じゃやってけない!」と思ったら読む本(PHP研究所)
    南奈央子

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM